訪問看護とは

病気や障がいがあっても、住み慣れた自宅で暮らしたい。人生の最後を自宅で迎えたい。そんな希望を持つ方が増えています。

しかし、一人暮らしであったり、本人および家族だけでの医療ケアや介護に不安があるという方も多いことでしょう。

 

そんな皆様の想いを、R.Y訪問看護ステーションが支えます。

 

訪問看護の強みは、その人にかかわる関係職種と協力し、地域で暮らす赤ちゃんから高齢者まで、すべての方に必要な支援が行なえることです。

ご本人とご家族が、安心して毎日を過ごしていただくために、医師との連携、健康状態の管理とサポート、より快適に過ごしていただくためのアドバイス、緊急時の対応、他のサービスとの連携、状況に応じた各種サービスの提案、看取り(みとり)の支援など、さまざまな支援をいたします。

 

 

看護師による訪問

地域で療養生活を送っている方に対し、看護師がご自宅を訪問します。

本人や家族の意思、ライフスタイルを尊重し、生活の質の向上ができるよう、また、介護されているご家族のケアも支援します。

医師・歯科医師・薬剤師・理学療法士・ケアマネジャーなどの他職種とも連携し、異常の早期発見と重症化の防止に努めます。

リハビリ専門職による訪問

リハビリ専門職である理学療法士・作業療法士がお住まいを訪問し、体の状態に合わせた訓練をします。

体の動きや生活動作の改善・維持を図り、ご本人やご家族が望まれる生活ができるよう支援します。

また、訓練だけでなく、家屋状況に合わせた福祉用具を選定し、それを使用した訓練により、より良い生活、その人らしい生活を目指していきます。

訪問看護を受けられる方

生まれたばかりの赤ちゃんから高齢者まで、主治医が訪問看護の必要性を認めたすべての方が受けられます。

閉じこもりがちの高齢者で寝たきりになる恐れのある方、リハビリやお薬の管理が必要な方から人工呼吸器を装着している方、末期がんでの持続点滴や痛みが強い方への苦痛の緩和など、医療処置が必要な方や重症な方への対応も行なっています。

主なサービス内容

● 病状の観察
● 家族への介護、生活指導
● 清拭や入浴介助などの身体の清潔
● 排泄の支援
● 食事、栄養の支援、指導
● リハビリテーション、生活の拡大
● 点滴やカテーテル管理などの医療処置
● 医療機器の管理、指導
● 床ずれ予防や処置、傷の処置など
● お薬の管理、指導
● ターミナル(末期がん、終末期)ケア
● 利用者および介護者への精神的ケア など

費用

介護保険の方:1割~3割(所得に応じて)の自己負担 ※月の支給限度額を超えたサービス分は自己負担になります

医療保険の方:1割~3割(年齢、所得に応じて)の自己負担

ご利用いただくために

当施設に直接ご連絡をいただくか、かかりつけ医や担当のケアマネジャー(相談支援専門員)にご相談ください。

お問い合わせ

公式LINE

友だち追加

LINEから直接お問い合わせいただけます。是非ご活用ください。

電話

お気軽にお問い合わせください。053-525-6131受付時間 8:30-17:30 [ 土・日・祝日を除く ]